バイクを売却するときにローンが残っている場合

バイクを売却する際、ローンの支払いが終わっているかいないかは非常に重要です。
何故ならローンの支払いが終わっていない場合、所有権が自分に無い可能性が有るからです。

バイクを所有しているのは契約者本人でも、所有権がローン会社に有るのでしたら、一括返済という形でローンの残額を返します。
ローンの残額を売却前に全て支払うことで、所有権を本人に移します。
ちなみにローンの支払い状況は、ショップで売却する際に必ず確認されます。
以前バイクを購入した店で下取り、買い換えを行うのなら大概は教えて貰えるので心配は要りません。

一括返済の流れですが、ローン会社から指定された口座に振り込むだけの作業です。
この時、窓口を調べる為にもローンの書類は必ずまとめって取っておくことをおすすめします。
さて、ローン会社に振込みが完了しました。銀行の営業日にもよりますが、振り込んでしまえば翌日以降にでもショップに持ち込んで大丈夫です。
最後にバイクを売却する際の手続きは本当に簡単です。不動車等重篤なトラブルを抱えていない限りは、店頭にバイクを持っていって、帰るまで30分くらいと驚くほどあっさりした物になります。

コーヒー一杯を飲んでいる間に終わってしまいますから、愛車との別れを偲ぶ時間も有りません。最後のメンテナンスはしっかりとした物にしましょう。