中古バイクのメリットとおすすめの購入方法

中古でバイクを購入するという選択は、新車より購入費用が抑えられるだけでなく、
ユーザーにとって様々なメリットがあります。

まずひとつめのメリットとして、すでに新車での販売が終了している絶版車が買えること。
例えば子供のころから憧れていたバイクが絶版車になっていても、
中古車として市場に流通していれば購入することができます。

もうひとつのメリットはカスタムバイクを購入できること。
前オーナーがカスタムパーツを装着した状態で売却していれば、
多くの場合はそのままパーツを装着した状態で中古車として販売されます。

新車を買って自分好みのパーツを装着してカスタムすることはコストと手間が掛かりますが、
中古車市場ではカスタムバイクの査定額がパーツの価格に対して安いため、
新品のパーツを購入することを考えるとかなり安く済みます。

このようなメリットがある中古バイクですが、
購入する際は状態がバイクごとに異なるため、状態の良し悪しを見極める必要があります。
特にネットオークションなので購入する場合は実車を見ることができないため、
慣れていない一般人が良いバイクを見極めるのは困難です。

中古バイクを購入する際はできれば店頭で実車を見てから購入する方がいいでしょう。
中でも信頼できるのが自動車公正取引協議会の加盟店。
独自の基準でチェックされた品質評価書によって中古車の状態を確認できるため、
初心者でも安心して中古バイクを購入できます。

参考:自動車公正取引協議会の品質評価書

女子にオススメドラッグスター

私は見た目重視で購入しました!
ドラッグスターは男女問わずかなり人気種ということもあり一目惚れでした。
速度はまったく重視してなかったので、ゆっくり走れる街乗り向きのドラスタは私にとっては向いてました。
なのでツーリングとかは同じ様な車種の人と行かないと置いて行かれます。
ですが、高速道路でも問題なく早い速度も出せるので使い勝手はかなりいいです。

あと、これはマニュアル車だと大抵そうなのかもしれませんが、冬にエンジンが本当にかからないです。10分ぐらいエンジンかけっぱなしにしないと普通に走行することが出来ません。
ストン!とエンストみたいになります。

バイク屋さんにも相談へ行きましたが、冬はしょうがないから頻繁に乗るしかないとのことでした。でも夏は最高です!目立つし気持ちいいし!

お手入れは月に1回は最低でもしないとメッキ部分に結構サビがついたりします。
アメリカンでサビがついてしまうと見た目もかなりかっこ悪くなるので、錆止めシートバッグには防水スプレーなどマメにお手入れは必要になるかと思います。
あと、車幅が広いので、購入の際はご自宅の駐輪場などをきちんと測ってからの方がいいと思います。出掛けるにしてもたまに狭い駐輪場などは駐車できない事とかもあります。

star250

 

査定額をアップさせるためのひと手間

自分が大事にしてきたバイクを買い取ってもらうときには、いろいろと思うことがあるかと思います。しかしながら売ると決まったらあとは少しでも高く買い取ってもらうことを考えるのが一番です。そんな時、少しのことでより高い金額をつけてもらえるようになります。

1. エンジン・プラグ回りの確認をする
日頃から乗っていたバイクならいいですが、しばらく乗っていなかったバイクをそのまま買い取ってもらうとなると、気を付けなければなりません。

買い取る前の確認として、エンジンがかかるか、アクセルがしっかりふかせるか確認されます。これがNGとなるとそれだけで買い取り価格が下がってしまいます。まずは問題ないか確認することが大切です。

2. 電装類に不備がないか確認する
ライトやウインカーが付くかどうかも確認ポイントです。点かないだけでマイナスポイントになり、査定にひびきます。もし点かないのであれば自分で予めに交換しておくほうが結果的に得をするので知っておきましょう。

3. 見えるところのパーツを清掃をしておく
結局は査定する人も人間です。汚いバイクよりキレイなバイクのほうが買い取りも前向きになります。ステンレス部分は鏡として使用できるぐらいにしっかり拭いておきましょう。これだけでも印象が全然違います。
以上のことを確認するだけで価格UPは見込めます。確認を怠らないようにしっかり認識しておきましょう。